“きみかた”の漢字の書き方と例文
語句割合
公賢100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小康を得て居た当時の京都の人心は為に恟々として畏怖動揺したとみえる。洞院公賢は其の日記に此の仔細を記して居るが、京都の諸寺一時に祈祷の声満つると云う有様であった。
四条畷の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)