“きぶつがんぶつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
偽物贋物100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕は僕の敬愛する叔父に対しては偽物贋物の名を加える非礼と僻見とをかりたい。が、事実上彼は世俗に拘泥しない顔をして、腹の中で拘泥しているのである。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)