“おちくび”の漢字の書き方と例文
語句割合
落首100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのころの刑罰は極めて重く、浜田六之丞これがため死刑の宣告を受けたるのみならず、一家三族ことごとく落首おちくびとなって相果てたり。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)