“おおきっさき”の漢字の書き方と例文
語句割合
大切先100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時代違いとは恐れ入りました、失礼ながら、もう一度、とくと拝見させていただきたいものです……ええと、長さは二尺二寸五分というところですか、片切刃かたきりば大切先おおきっさき無反むぞりに近い大板目おおいため沸出来にえできと来ていますね
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)