“いわいば”の漢字の書き方と例文
語句割合
祝場100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時に、井菊屋はほとんど一方の町はずれにあるから、村方へこぼれた祝場いわいばを廻りすまして、行列は、これから川向かわむこうの演芸館へ繰込むのの、いまちょうど退汐時ひきしおどき
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)