“あぜき”の漢字の書き方と例文
語句割合
畔木100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白妙の不二ふじ畔木あぜきはるに見て子らは犬追ふ霜田つづきを
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)