旅日記たびにっき02 昭和十三年02 しょうわじゅうさんねん
五月廿八日廿九日澄太居柊屋。 やうやく旅立つことが出来た(旅費を送つて下さつた澄太緑平の二君にこゝで改めてお礼を申上げる)。 八時出発、朝飯が足らなかつたから餅屋に寄つて餅を食べる、それから理髪する( …
題名が同じ作品
旅日記 (新字旧仮名)種田山頭火 (著)
旅日記:03 昭和十四年 (新字旧仮名)種田山頭火 (著)
旅日記:東海道線 (新字旧仮名)二葉亭四迷 (著)