よる
樟の大きな影が地面を覆って、薄暗い街燈が霧で曇ってゐた。雨に濡れた落葉がその辺には多い。月が雲の奔流に乗って、時々奇妙な光線を投げかける。そこは坂を登って、横に折れた路で、人はあんまり通らなかった。 …
題名が同じ作品
(新字新仮名)竹久夢二 (著)
(新字新仮名)宮本百合子 (著)
(新字旧仮名)仲村渠 (著)