“逸作”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いっさく50.0%
いつさく50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朝の散歩に、主人逸作いっさくといつものように出掛でかけようとして居るところへ裏口から受け取った書生しょせいが、かの女の手に渡した。
かの女の朝 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)