“精神統一”の読み方と例文
読み方割合
せいしんとういつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるに、こちらでは、真実ほんとう精神統一せいしんとういつはいれば、人間にんげんらしい姿すがたせて、そばからのぞいても、たったひとつのしろっぽいたまかたちしかえませぬ。
『これなら精神統一せいしんとういつがうまくできるに相違そういない。』餅屋もちや餅屋もちやもうしますか、わたくし矢張やはりそんなことをかんがえるのでした。
『コレコレ、そちなんめに多年たねん精神統一せいしんとういつ修行しゅぎょうをしたのじゃ。統一とういつというものはうした場合ばあい使つかうものじゃ……。』