“当意即妙”の読み方と例文
読み方割合
とういそくみょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「よろしいでしょう。当意即妙とういそくみょうの御処置です」
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今を去る三十年の昔、三だいばなしという事一時いちじの流行物となりしかば、当時圓朝子が或る宴席において、國綱くにつなの刀、一節切ひとよぎり船人せんどうという三題を、例の当意即妙とういそくみょうにて一座の喝采を博したるが本話の元素たり。