“名人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めいじん97.3%
アビルテ2.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれは、こんなはなしをして、当座とうざは、名人めいじんつくったさかずきが、にはいったことをよろこんでいました。
さかずきの輪廻 (新字新仮名) / 小川未明(著)
後鳥羽上皇ごとばじようこうは、非常ひじよう御熱心ごねつしんでもあり、ごくまれなほどの名人めいじんでもいらつしやいました。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
吾助ごすけ上手じやうずなれどうたはうなほ名人めいじんゆゑ、これを御覽ごらんれさへすれば
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かほあらつたりしてゐるの——つてれば可愛かあいいものよ——鼠捕ねずみとりの名人めいじんだわ——オヤ
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
ところがよほど見分みわけにくいうまえて、名高なだかいばくろうの名人めいじんでも、やはりくびをかしげてかんがむばかりでした。
姨捨山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
あたしはこれでもそのほうの名人アビルテなんだ。
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)