“乱離骨灰”のいろいろな読み方と例文
旧字:亂離骨灰
読み方割合
らりこつぱひ33.3%
らんりこっぱい33.3%
ラリコツパヒ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
乱離骨灰らりこつぱひになつたのと、「あんちおきや」の同勢が鯨波ときの声を轟かいて、帝の御輦ぎよれんを中にとりこめ、雪崩なだれの如く攻めかかつたのとが、かんはつをも入れまじい、殆ど同時の働きぢや。
きりしとほろ上人伝 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
これは何とした事でしょう、部屋の中は、実に乱離骨灰らんりこっぱい、のた打ち廻る人間と、散らばされた道具類で、足の踏み場もありません。
去年の春の焼き撃ちで乱離骨灰ラリコツパヒになつたが、——大阪の——南海鉄道難波駅から、千日前の南端へ続いて居た大通の南側一帯の町——あすこは、何と謂つたつけか。
戞々たり 車上の優人 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)