“鶴沢重造”の読み方と例文
読み方割合
つるさわじゅうぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本文化協会の催しで文楽座の人形使いの名人吉田文五郎桐竹紋十郎諸氏を招いて人形芝居についての講演、実演などがあった。竹本小春太夫、三味線鶴沢重造諸氏も参加した。
文楽座の人形芝居 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)