“鰔:はや” の例文
“鰔:はや”を含む作品の著者(上位)作品数
佐藤垢石2
“鰔:はや”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 釣魚 遊猟3.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
七、八両月に釣ったはやは、肉落ち脂去って何としても食味とはならない。
季節の味 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
それに鮒の卵は川魚のうち鮎やはやの卵についでおいしいのである。
釣った魚の味 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)