“須臾転化”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅゆてんか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“須臾転化”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
平然として前へ据えて「八方分身須臾転化しゅゆてんか」敵の一人へは眼をつけずに、八方へ向かって眼を配って、しかも構えは中段を嫌って、上段に竹刀を振りかぶって、居付かぬように竹刀先を揺すぶり、前に在らんと欲して忽然として後に在り——変化自在に足拍子を取って
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)