“霙雲”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みぞれぐも100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“霙雲”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
荒涼と見渡す限りに連なった地平線の低い葦原あしはらを一面におおうた霙雲みぞれぐものすきまから午後の日がかすかに漏れて、それが、草の中からたった二本ひょろひょろとい伸びた白樺しらかばの白い樹皮を力弱く照らしていた。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)