“鎰屋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かぎや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鎰屋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
裸の電燈が細長い螺旋棒らせんぼうをきりきり眼の中へ刺し込んで來る往來に立つてまた近所にある鎰屋かぎやの二階の硝子窓をすかして眺めた此の果物店くだものみせの眺めほど、その時どきの私を興がらせたものは寺町の中でも稀だつた。
檸檬 (旧字旧仮名) / 梶井基次郎(著)
裸の電燈が細長い螺旋棒らせんぼうをきりきり眼の中へ刺し込んでくる往来に立って、また近所にある鎰屋かぎやの二階の硝子ガラス窓をすかして眺めたこの果物店の眺めほど、その時どきの私を興がらせたものは寺町の中でもまれだった。
檸檬 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)