“銹器”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おろしき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“銹器”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 自然科学 > 論文集 評論集 講演集(児童)50.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さうだ。昆虫の眼は透きとほるような角性のふたで被はれてゐて、堅くて切れる多面体だ。その多面体をよく見ようとするには、廓大鏡が要る。それは非常に鋭くて骨を切る事が出来る程だ。それをみんな集める事が出来れば必要な時には銹器おろしきのやうな風に使へるだらう。