“金木戸川:きんきどがわ” の例文
“金木戸川:きんきどがわ”を含む作品の著者(上位)作品数
国枝史郎1
“金木戸川:きんきどがわ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
噂によれば、金木戸川きんきどがわの上流、双六谷すごろくだににも人に知られない、相当大きな湖水があり、その周囲には、水狐族の、これも立派な町があり、そうして依然二種族は、憎み合っているということである。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)