“金星:かねぼし” の例文
“金星:かねぼし”を含む作品の著者(上位)作品数
長谷川時雨1
“金星:かねぼし”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その向い側で面白い家をあげれば、角が土蔵から煙筒の出ているまるじゅう芋屋の横腹、金物問屋金星かねぼしの庭口、仕立屋井阪さん、その隣りも大丸の仕立屋さん、猫ばあさんのいた露路口、井阪さんが丁字髷ちょんまげ