“蝶千鳥曾我実録:ちょうちどりそがのじつろく” の例文
“蝶千鳥曾我実録:ちょうちどりそがのじつろく”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本綺堂1
“蝶千鳥曾我実録:ちょうちどりそがのじつろく”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 演劇史 各国の演劇1.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
狂言は「蝶千鳥曾我実録ちょうちどりそがのじつろく」で、俳優は仙昇、荒太郎、多見丸などという大阪上りの一座であったが、土間どまの客はようよう半分ぐらいで、観ている方でも何だか薄ら寒く感じられた。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)