“蕗屋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふきや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蕗屋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
雇人の内二人だけそろわなかった。小間使の小松は頭痛がするといって女中部屋で寝ていたし、運転手の蕗屋ふきやは二三日前から実家へ帰って不在だった。
一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)