“蕊雲楼”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ずゐうんらう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蕊雲楼”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
蕊雲楼ずゐうんらうの祖筵は其月日を載せぬが、「水拍欄干明鏡光、荷亭月浄浴清涼」の句は、叙する所の景が夏秋の交なることを示してゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
PR