“美の始源”の読み方と例文
読み方割合
オリジン・ド・ボオテ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なににもまして、驚かれるのは、たとえようもない貴族的な美しい鼻と、均勢のとれた楕円形の顔の輪廓だった。近東の古い家系の中で稀れに見られる『美の始源』という、あの高貴な顔だちだった。
墓地展望亭 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)