“綜麻繰”の読み方と例文
読み方割合
ヘソク100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたしは、へそくりは綜麻繰りで、家族の私有の利得は、其辺から得たものと信じてゐるので、しがいせんも、しんがい・しがいなど言ふ、糸鞋を作つて、めい/\の小遣ひ銭を作つた為と考へる。
方言 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)