“索隠行怪”の読み方と例文
読み方割合
さくいんこうかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今昔物語に外術とあるものもやはり外法と同じく吒祇尼法らしいから、随分と索隠行怪の徒には輾転伝受されていたのだろうと思われる。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)