“紙谷”の読み方と例文
読み方割合
かみたに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それには、紙谷ではなく、降矢木伸子と書かれてあったからだ。法水はちょっといたのみで、彼が投じた波紋を解説した。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「無論だとも」熊城は肩を揺ぶって、「実は、君達が来た時にいたあの紙谷伸子という婦人が、僕にとると最後の鑑定者だったのだ。で、ダンネベルグ夫人の癖と云うのはこうなんだ。 ...
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)