“童話劇”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
メエルヘン・ショウスピイル100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“童話劇”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「所が、庵主、この童話劇メエルヘン・ショウスピイルの結論は、結局菩薩の殺人と云う仮定に行き着いてしまうでしょう。然し、考えれば考える程、却って僕は、その逆説的な解釈の方に、惹かれて行ってならないのですよ」
夢殿殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)