“福慈岳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふくじのたけ50.0%
ふくじのだけ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、山は福慈岳、います神は福慈神というのであると教えられた。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
それにつれて帳の奥の福慈岳の姿はいまや山の祖神の前に全積を示しかけて来た。祖神の翁は片唾を呑んだ。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)