“泡沫玉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あぶくだま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“泡沫玉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
母に叱られた竹丸は、風呂場へ行つてちやうど沸きかけた風呂へ入り、手拭で泡沫玉あぶくだまを拵へて遊んでゐると、お時が顏色を變へて走つて來た。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)