“柔弱:にやけ” の例文
“柔弱:にやけ”を含む作品の著者(上位)作品数
広津柳浪1
“柔弱:にやけ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
とかく柔弱にやけたがる金縁の眼鏡も厭味いやみに見えず、男の眼にも男らしい男振りであるから、遊女なぞにはわけて好かれそうである。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)