“枡田:ますだ” の例文
“枡田:ますだ”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂1
“枡田:ますだ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
最初は、平次の家のすぐ前、路地の外の酒屋——枡田ますだ屋に押し込んで有金五十兩ばかりを出させ、『此處で待つて居るから平次を呼んで來な、後學の爲に千里の虎の姿だけでも拜ませてやらう』と、丁稚でつちをツイ近所の平次のところまで使に出し、平次が店から入つて來ると同時に、裏口から拔出して姿を隱して了ひました。