“木枠”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
キワク100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先づ方一間、高さ一間位の木枠キワクを縦横に貫いて、緯棒ヌキボウを組み合せ、其枠の真中の、上下に開いた穴に経棒タテボウを立てる。
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)