“日髪日湯”の読み方と例文
読み方割合
ひがみひゆ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒木三之介様のお世話になっている身体で、いつも夕方までには、うんとめかし込んでおかなければならず、お六はお引摺りの日髪日湯で、おまけに疳性と来ているから