“斎藤山城守秀龍”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さいとうやましろのかみひでたつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時、云い残した名は、松波荘九郎まつなみしょうくろうと聞いていたが、やがて年経てから、その荘九郎からよこした書簡には、斎藤山城守秀龍さいとうやましろのかみひでたつとしてあった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)