“掻曲放擲”の読み方と例文
読み方割合
ケイマゲウツチヨ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あまんしやぐめは、工事を止めて「掻曲放擲け」と叫んだ。其跡が「げいまぎ崎」と言はれてゐる。又三千の人形に、千体は海へ、千体は川へ、千体は山へ行け、と言うて放した。
河童の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)