“掦句”の読み方と例文
読み方割合
あげく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
父親は足を棒のようにして息子の行方をさんざ探ねて廻った掦句、ようやく探し当てることが出来たのであるが、ジャンは、芸を仕込まれた牝山羊や軽業をする犬にとり囲まれて
親ごころ (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)