厭気のさしたのを自覚すると、実験をつづけることが急転直下的にたまらなくいやになりました。忘れもしない九月の七日の夜のことです。
壊れたバリコン (新字新仮名) / 海野十三(著)