“対峙中”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たいじちゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“対峙中”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
先ごろ、また小牧の対峙中たいじちゅう、かれは大胆にも、秀吉方の田中砦たなかとりでと二重堀の附近まで入りこんで、白馬に乗った敵将一名を、部下六人で生捕りにし、重大な敵の機密を、家康のものとしたりして、家康も、しかと覚えている若者だった。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)