“宗旨変”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゆうしかへ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“宗旨変”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
木曾殿も都化みやこくわして布衣ほいを誇る身の万一人爵じんしやく崇拝と宗旨変しゆうしかへでもしては大変、最早こゝらが切り上げ時と、先刻よりはなればなれになりし兄を尋ぬるに、これはずるい
燕尾服着初めの記 (新字旧仮名) epub / 徳冨蘆花(著)