“仇十洲”の読み方と例文
読み方割合
きゅうじっしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これよりさき、保田の町へ入り込んだ田山白雲は岡本兵部の家へおちつき、その夜は兵部の家の一間で、熱心に主人が秘蔵の仇十洲の回錦図巻を模写しておりました。
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「一つはあの家に秘蔵の仇十洲の回錦図巻と、もう一つはあの家の娘です」
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)