“京漢線”の読み方と例文
読み方割合
けいかんせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
津浦線の事件だの、京漢線の汽車にすら乗ることを危ぶんでゐた人達のことだのが、またしても私の頭をり出した。
北京の一夜 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)