“交趾焼”の読み方と例文
読み方割合
こうちやき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
交趾焼のような物かと聞きましたら、いや左様でもない、珍らしい皿で、成程一枚したら其の人を殺すであろうと思うほどの皿であると云いました。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)