“不逞の徒よ”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
トレートル100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“不逞の徒よ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「許せや卿よ、は佳かった。」と細君が嬉しがって私に加勢する。主人もあきらめる他はない。「何たる嘲弄者ぞ、不逞の徒よトレートル」などと悲劇役者の台詞と身振を真似ながら両手を拡げて浩歎之を久しくする。
二人のセルヴィヤ人 (新字新仮名) / 辰野隆(著)