“下席大臣:かせきだいじん” の例文
“下席大臣:かせきだいじん”を含む作品の著者(上位)作品数
河口慧海1
“下席大臣:かせきだいじん”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > アジア25.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「それじゃああなたは彼について何か聞いた事があるか。」「それはあります。」「彼はチベット政府の誰と最も親密であるか。彼は法王と最も親密であって彼の言うところは皆法王に聞かるるという有様ありさまがあるか。またすべての大臣高官に信用されて居るか。」「シャーター一人は法王と共に彼を信任して居るが、他の者は皆み嫌って居ります」というと総理大臣の隣に座って居る下席大臣かせきだいじんらしいお方は
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)