“下五十沢:しもいさざは” の例文
“下五十沢:しもいさざは”を含む作品の著者(上位)作品数
斎藤茂吉1
“下五十沢:しもいさざは”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この平凡な細い支流は、五十沢川いさざはがはといひ、源を追尋すると畑地の間をとほり、今宿の部落手前にかかり、人家の前では洗濯をされたり、野菜を洗はれたり、汽車の線路を越え、山地に入り、下五十沢しもいさざは
支流 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)