“タルンカッペ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
隠れ衣50.0%
霧の衣50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すなわち、故人を慕っていまなお止まぬクリームヒルトか、それとも、隠れ衣タルンカッペに欺かれたブルンヒルデが、それか……。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「そうなんだよ。そこで支倉君、トリエステで隠れ衣タルンカッペを冠った、ジーグフリードというと、それはいったい、誰のことなんだろうね」
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「というのは、あるいは妄想かも知らんがね、実はある一つの、怖ろしい事実を知ったからなんだ。だから、一人の名を知れば、それでいいのだよ。ねえ支倉君、このモヤモヤした底知れない神秘——事実まったく迷濛たる事件じゃないか。ニーベルンゲン——暗い霧の子、霧の衣タルンカッペ、ああ霧だ霧だよ、霧、霧、霧……」
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)