“ソドマイト・スネーク”の漢字の書き方と例文
語句割合
男色蛇100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
土人いわく、この蛇自分より大きな動物に会えば、その尖った尾を敵手の肛門に挿し入れてこれを殺す、故にその地の白人これを男色蛇ソドマイト・スネークと称うと。
さて前項に『さへづり草』を引いて、出羽にトンヘビとて、人の後庭しりえを犯し、これを殺す奇蛇ある由、トンとは古老の説に、非道交会を昔の芝居者などが数うるに、一トン取る二トン取るといったそうだから、南米にあるてふ男色蛇ソドマイト・スネークと同義の名らしい。