“コキエ”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ほんとうに今夜は霜が降るぞ、お月さまの近くでコキエもあんなに青くふるえているし第一お月さまのいろだってまるで氷のようだ、小十郎がひとりで思った。
なめとこ山の熊 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)